残された歯に負担をかけない治療法

抜歯や事故の影響で歯を失ってしまった際、部分入れ歯やブリッジなどの治療で空いた部分を埋めることになりますが、その場合残った歯に少なからず負担をかけることになります。例えばブリッジだったら隣の歯がどんなに健康だろうと削らなければいけないですし、部分入れ歯も引っ掛けなければいけません。どうしても他の歯に普段がかかってしまうんですよね。


それを避ける方法として、インプラントがあります。歯を削ってしまうとその歯の寿命が短くなったり、削ったところから虫歯になりやすかったりします。


インプラントは人口の歯根を顎の骨に直接打ち込み、それを土台にして人口の歯を固定する方法なので、他の歯に影響を及ぼさないのです。骨に歯根を打ち込むと聞くと怖いと思うかもしれませんが、しっかりとした技術のある人が慎重に手術を行いますし、材料となっているチタンは人体に影響を及ぼしにくく、顎の骨ともしっかり結合してくれますから、怖がる必要もありませんよ。むしろ他の治療法で健康な歯を傷つけてしまい、そこから更に虫歯へと発展し、今度はその歯も抜かなければいけない状態になるほうが、よっぽど怖いですからね。


まだ前例が少ない治療法なので判断が難しい部分もあるでしょう。それに、物さえ食べられればそれでいいという考えの人もいるでしょう。全ての人にとって最善の治療法であるかはわかりませんが、現段階でできる治療法として、残された歯に負担をかけないインプラントが、将来的には一番いいのではないかと思います。