冬は給湯器が故障しやすいって本当?

日常生活に欠かすことのできない設備である給湯器。この必要不可欠の給湯器ですが、冬は色々な不具合が起きやすいという説があります。果たして冬は給湯器が故障しやすいって本当なのでしょうか。結論から言えば、その説は本当です。冬は給湯器に様々な負担をかける要因がある為、結果的に故障してしまう可能性を高めてしまいます。

誘導電流とは

その要因としてまず言えるのは冬は給湯器からお湯を排出する為に使用する配管の中の水が、気温の低下によって凍結してしまうことが考えられます。凍結してしまった配管はお湯の流れを妨げてしまうことから、お湯がでなくなることにもなってしまいます。また、凍結の弊害はそれだけではなく、配管の侵食にも繋がりますので、水漏れなどの原因にもなってしまいます。

クロージャ・接続箱 : 光コネクタ・クロージャ/接続箱・線路監視/識別機 : 情報通信カンパニー : 古河電工

このような冬場の給湯器の故障を防ぐためには、定期的なメンテナンスと故障しないような使用の心がけを行う必要があります。給湯器は使用することで配管に溜まっている水やお湯を循環させることができますから、使用頻度を高めることによって配管の凍結を防ぐことができます。ですので、給湯器のことを思えば、冬場はあまり旅行などに行かず給湯器の使用が滞ってしまう状態を防ぐことも良い故障予防対策であると思います。

太陽光発電 電気代

その他、冬場は結露などで給湯器の機会の中にも不具合をきたしてしまう可能性も高いですので、急な故障の覚悟はしておいた方が良いかもしれません。給湯器の故障は複雑な原因があることから、自分だけで修理することはほぼ不可能で、修理業者に依頼することが求められますので、冬場ほどいざという時の給湯器修理業者を事前に考えておくことが必要になってくると思われます。